リフォームローンの審査は通りやすい?借りやすさと審査内容は?

リフォームローンの選び方は金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

また、団体信用生命保険の加入可否や手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材会社には自社の商品を使ってリフォームすることで金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

リフォームローン審査の内容というものをご存知ですか?リフォームローン審査の内容は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

また、減税は自己申告する必要があるため入居した翌年に確定申告をする必要があります。

残念ながらリフォームローンに落ちたという人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

あるいは、勤続年数や雇用形態(正社員・契約社員など)に諸問題が影響したのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

まずは残債をなくすことが審査に受かる近道となります。

リフォームローンの金利についてですが金融機関ごとに異なります。

低金利の場合1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動金利と呼ばれるものと固定金利と呼ばれるものがあります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない借りやすさは変わって来ますが、金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利のまま返済を続けるリスクもあります。

リフォームローンの口コミでの注意点として、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査基準が厳しいので借りやすいとはいえないという傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となりその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなく付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて変動します。

担保の有無によっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利タイプは2種類に分けられ固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型は市場金利に伴い6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

リフォームローンで受けられる控除は所得税を控除することができます。

控除の申告をするとその年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件が決まっています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

楽天にもリフォームローンがあることをご存知ですか?楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。審査内容についてはフラット35に順ずることになります。

引用:http://www.freedomisavoice.com/applied/examination.html

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせ1つのローンで融資が受けられるという商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローン【フラット35】リノベという商品が発売されました。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資可能金額は50万円以上1 000万円以内となっており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日で審査結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額はわずか1/10程度となっています。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円になります。

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

支払に破綻のない返済額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は工事業者によって異なります。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事完了後に一括払いという業者もいます。

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

リフォームローンの一体型について紹介します。

要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンがだんぜんおすすめです。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

金利についてですが、アプラスの金利は7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンを選ぶことで金利を低く抑えることができますよ!